読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社ネクスト エンジニアBlog

不動産・住宅情報サイト HOME'Sを運営する株式会社ネクストのエンジニアが提供する技術ブログです。エンジニアに役立つ情報の発信や、弊社エンジニアの活動を中心にお届けします。

WebDB Forum2015の産学間データセット共有の特別セッションに参加してきました

レポート イベント

こんにちは。おうちハッカー@リッテルラボラトリーの石田です。

今日は、先日開催されました、WebDB Forum2015で行われた特別セッション 「産学間のデータセット共有の意義、課題と将来の展望」のレポートをします。

f:id:nextdeveloper:20151201133223j:plain:w500

国立情報学研究所(NII)の情報学研究データリポジトリ(IDR)を通じて、Yahoo!や楽天、クックパッド、リクルートなど多くのWeb・IT企業が研究用途にデータセットを提供しています。このセッションでは、これまでのデータセット共同利用の取り組みが研究コミュニティに与えてきた影響や、現時点で直面している課題などについて議論を深めるものでした。

企業の方でアカデミックとの繋がりを深めて共同研究したい、研究機関の方でWEBサービスのデータを使いたい、企業と共同研究したいと考えている人に必見の内容でしたので、ここで共有したいと思います。

情報学研究データリポジトリについて

さまざまな企業が、NIIのデータリポジトリを利用して、研究用にデータを提供しています。例えばYahooが運営するYahoo知恵袋のデータ、楽天市場の商品とレビューデータ、ホットペッパービューティーの登録店舗データなど様々です。弊社も先日、HOME'Sデータセットの提供を開始いたしました。こうした背景から、弊社の清田がセッションで登壇させていただきました。 NIIに登録されているデータセットは、研究機関の方であれば申請していただければ利用可能となります。

f:id:nextdeveloper:20151201142750j:plain

f:id:nextdeveloper:20151201125413p:plain

特別セッションについて

こうしたデータ提供の流れが広まるなか、データリポジトリに深くかかわる5人の登壇者によるセッションがおおなわれました。前半にデータセットの利用側、提供企業側、国立情報学研究所の、各関係者の方々がそれぞれ話されたあと、議論に移りました。座長は、関西大学の松下光範先生でした。 f:id:nextdeveloper:20151204144420j:plain f:id:nextdeveloper:20151124114919j:plain

それぞれ登壇された方および内容はこのような形でした。

データセット利用側 筑波大学 佐藤哲司 先生

まずはデータ利用側の視点からということで、筑波大学の佐藤先生からプレゼンでした。 佐藤先生は、既に公開されている楽天、Yahoo知恵袋、クックパッドのデータセットを利用して研究をされており、データセットを用いた研究の第一人者です。

f:id:nextdeveloper:20151204141727j:plain:w300

データセット共有のメリット

近年さまざまなWEBサービスが使われており、サービスによってデータも異なり、その分析手法も様々です。新しいデータがでれば、新たな分析手法が必要になります。 佐藤先生は、データセットとして提供される前段階で企業からデータを貰い共同研究しされていたこともあるのですが、誰もがアクセスできるデータではないこと、研究者によってもらうデータが異なることから、 その手法を比較、優劣をつけることが難しかったようです。 NIIがデータセット提供を始め、多くの研究者が同じデータセットを用いて研究することで、純粋に手法の優劣がつけやすくなったとのことです。

課題

手法の優劣をつける際に、正解データがはっきりしないと比較し辛いものがあります。 例えば「ユーザーに興味のある商品を推薦する」といった情報推薦のタスクにおいて、推薦された商品に対してユーザーが興味をもっていたかどうかが一つの正解データとなります。 興味があったかどうかは、その後の閲覧時間やクリック履歴、購買履歴から推定することはできますが、こういった情報はあまり提供されていません。

そこで、データ公開企業には 全体のデータはそのままNIIで公開し、個人情報がかかわる提供しづらいデータについては、個別でNDAを締結して提供して欲しいということです。 こうすることで、研究の透明性が担保され、正解データとの比較で手法に優劣をつけやすくなるとのことでした。

f:id:nextdeveloper:20151204144737j:plain

提供企業側 クックパッド株式会社 原島純 さん

次に、データ公開側の1社目として、クックパッドの原島さんからクックパッドのデータ提供の裏側のお話しでした。

f:id:nextdeveloper:20151124105912j:plain:w300

多くのデータ提供要望と課題

クックパッドはユーザー投稿の非常に多くのレシピデータを保持しており、研究に使いたいという要望が多く寄せられていました。 要望があるたび都度提供していたそうですが、毎回準備が大変で、効率がよろしくなかったそうです。 ユーザー側にとっても、データが使えるまで時間かかる、提供データが個々で異なるので、先行研究と比較しづらいなどの問題がありました。

提供

公開することで、これらの問題が解決し、料理の研究広がり、ユーザに価値をもたらすことができるのではないかと考え、 NIIのデータリポジトリに登録・公開を開始しました。 NIIとの契約や、データセットのクレンジング処理等、非常に苦労されたそうです。 公開から9ヶ月で73研究室から申請、提供しているそうです。また企業からも問い合わせがあり、共同研究も進めているようです。 少しずつ研究発表の場で発表されており、今後学会シーズンでさらに発表が増えることを期待しているそうです。

スライドが公開されていました。 speakerdeck.com

提供企業側 株式会社リクルートテクノロジーズ 櫻井一貴 さん

データ公開側の2社目として、リクルートテクノロジーズの櫻井さんより、リクルートのデータ公開についてのお話しでした。

f:id:nextdeveloper:20151124111021j:plain:w300

リクルートならではの課題

リクルートは、進学から就職、結婚、住まい、転職、お店探しなど非常に多くのWEBサービスを扱っておられます。それぞれのサービスは、各事業会社が運営しており、櫻井さんの所属しているリクルートテクノロジーズは、ITやネットマーケティングの技術基盤整備やR&Dをサービス横断的に行う会社です。 こちらが窓口となり、各事業会社からデータを貰い、NIIにデータを提供しているとのことです。 あくまでデータの所有権は各事業会社にあり、データ提供を行うためには、各事業会社に納得してもらう必要があります。

データ公開のリスクとメリット

説得するためには、データ公開のリスクとメリットを伝える必要があります。 USB置き忘れ、利用者が商用利用といったシナリオを列挙、説明したうえで得られるメリットを述べたそうです。 メリットとしては

  • CSRに繋がる
  • 研究を通じて新たな技術・知見が得られる
  • 人材獲得につながる

があるそうです。 特に人材獲得が大きいそうです。データセットを研究に使ってもらうことで、学生への認知度の向上が大きいようです。

www.slideshare.net

提供企業側 株式会社ネクスト 清田陽司

データ公開側の3社目として、弊社清田が、産学連携の課題について話しました。

f:id:nextdeveloper:20151124112611j:plain:w300

今の世の中、一企業では所有データを活用できないのは明白です。そこでデータを研究機関と共有して価値ある情報に変える共同研究の必要性があります。 産学連携に携わる担当者との議論で得られた、共同研究が成功するノウハウをまとめました。

データの保持の形式

共同研究がうまくいった事例を見ると、大規模データが研究に利用できる形で蓄積されていることが大事なようです。 また研究で社外持ち出すことが多いと思われますが、プライバシー保護に問題のない形で保持しておくことも重要です。

ビジネス背景の共有

データセットだけを提供しても、ビジネスとして価値のあるものが得られることは少ないです。 現場の課題や背景を事前に共有しておくことで、価値の高い研究となりやすくなります。 また研究者と企業のR&D部門だけではなく、実際にサービス運用に携わるマーケティング部門との連携が取れていることも重要です。

リアルタイム性のあるデータ

研究において、ある時間で切り取られたデータセットに対して最適化しても、ユーザーの行動が変化してしまい、コンテストの成果をサービスに応用できなかったという事例があります。 現状のデータセットは、ある瞬間におけるデータを切り取ったものがほとんどであるため、こうした問題は起きる可能性があります。 いずれはリアルタイムなデータの共有も求められるでしょう。

スライドはこちらとなります。

www.slideshare.net

国立情報学研究所 大山敬三 先生

最後に、これらのデータリポジトリの責任者である大山先生に、NIIデータリポジトリのお話しをしていただきました。

f:id:nextdeveloper:20151204141447j:plain:w300

データリポジトリの背景

情報技術分野では、研究と実用のギャップが大きな問題でした。研究者にとっては、研究の実用化のプレッシャーがかかる一方で、実際に用いられているサービスのデータで研究しないと実用化は難しいです。 自然科学分野のデータはオープン化が進んでいる一方で、人間相手のサービスのデータはプライバシーに関わるものが多く、オープン化には向いていません。 そこで、研究者に向けた実サービスのデータを提供する場として、NIIのデータリポジトリが始まりました。 先日、国立情報学研究所内に、データセット共同利用研究開発センターという専門の部署が立ち上がりました。 こちらで、データを提供・配布のほか、ライセンス締結やデータセット形式などのノウハウの共有を行っています。

提供状況とニーズ

2015/11/24発表時点で、439研究室にデータを提供し、そのデータを用いて350論文が発表されています。 また個人を対象としたニコニコデータセットは、1293人に提供されています。 データ提供のニーズとしては、情報学以外にも経済学や環境学の分野の研究に使いたい、教育用やデータサイエンティスト育成に使いたいというものがあるようです。

f:id:nextdeveloper:20151124113410j:plain

ディスカッション

松下先生をファシリテーターに、主に「データ形式やクレンジングについて」「研究成果について」の2点が話し合われました。 f:id:nextdeveloper:20151124114552j:plain:w300

データ形式・クレンジングについて

データを提供する際に、外に出さないデータをクレンジングしたり、形式を整えますが、ユーザーにとっては必ずしも使いやすい形になっていないことがあるようです。 どのようにすればこうした問題を解決できるかということですが、githubなどを通じてユーザーにもクレンジングに関与してもらう、NDA締結して生データを渡す、といった解決策が出されました。 企業の都合だけでデータ形式を決めるのではなく、ユーザーからの声を取り入れていく姿勢が、より多くのユーザーに使ってもらえるコツかと思いました。

研究成果について

企業としてコストをかけ、リスクを取ってデータを提供する以上、研究成果を自社のサービスに取り入れることを視野に入れていると思います。 まだ直接研究成果をサービスに取り込めているところはおそらくなく、どうしたら直接的な成果につながる研究を生み出せるかが話し合われました。

ほとんどの登壇者の方々で共有していたのは、現場の課題を共有する場が非常に大事であるということです。何かしら企業側と研究側が話し合える場所を作ることで、直接企業の課題を取り組むまではいかなくとも、より有益な新しい視点・課題が発見できたり、研究の方向性を揃えることができるのではないかとのことでした。 ただ大学側としては、お役所的な部分もあり、どのように共有の場に関わっていけばよいのか分からないという意見がありました。

そこで一つの形として、ハッカソン型で課題を共有した後に短期間で成果を出す方法が良いのではないかということでした。 通常の研究と異なり、結果に対してのFBが早く方向性の修正がしやすい、短期間で集中してできるというメリットがあります。 本データだと容量が大きすぎて時間がかかるため、少な目のデータを提供して成果を出してもらう形がよいとの意見がありました。 また、一日のハッカソンでは実用的成果は得られないが、課題の共有ができ、楽しんでもらうことができるので採用に繋がりやすいとの声もありました。

f:id:nextdeveloper:20151124120444j:plain

最後に

NIIのデータ提供で提供側、利用側がお互いによい効果を生むためには、まずはお互いの事情を共有していくことがとても大事だと感じました。共同研究において、企業側は研究者に発表の機会を妨げない、研究しやすいデータ形式を心掛ける、利用者側は企業の背景の理解を試みる、など相手の立場に立って進めることが必要です。 私も、HOME'Sデータセットを使って簡単に研究を始められるツールを開発したり、データセットの整備に関わっているので、ユーザーが使いやすいものにできるように頑張りたいと思います。