読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社ネクスト エンジニアBlog

不動産・住宅情報サイト HOME'Sを運営する株式会社ネクストのエンジニアが提供する技術ブログです。エンジニアに役立つ情報の発信や、弊社エンジニアの活動を中心にお届けします。

Unreal Engine 4.5に追加されたUMGを試しに動かしてみる

Unreal Engine4

こんにちは、上津原です。 UE4.5が来ましたね(リリースされたと思ったらプレビューになったりしましたが)

4.4では正式機能ではなかったUMG(Unreal Motion Graphics)が正式機能として乗っかってきました。 UMGはGUIデザイナーみたいなもので、今までHUDに書いていたものをこっちに書くことでグラフィカルでお手軽にGUIを作成できるようになります。

せっかくなので以下をやって動かしてみました。

※上リンクの内容は4.4の内容なので、2のEditor Preferencesの設定は必要ないです。

上記のやつをやって初歩的な使い方がわかったので、今回はとりあえず適当な場所にボタンを置いて押せるようにしてみたいと思います。

Widgetブループリントを作る

f:id:nextdeveloper:20141016180656p:plain

コンテンツブラウザの「新規」から「ユーザーインターフェース > Widgetブループリント」を選びます。名前は適当に(今回はButtonUIとつけました)

そしてそれを開くとこんな感じに。

f:id:nextdeveloper:20141016180945p:plain

真ん中の青色の部分が画面サイズを示していて、これに対応するようにUIを置いていくという感じになります。

ボタンを配置して表示する

左の方にあるパレットから「Common > Button」を選び、画面にドロップします。この辺はレベル作成とおんなじですね。

f:id:nextdeveloper:20141016181452p:plain

ボタン配置ができたら保存して、レベルブループリントを開きます。

そしたらUserWidgetの変数を追加して以下のようにBluePrintを組みます。

f:id:nextdeveloper:20141016182130p:plain

まとめると、「Create Widget」をして「Add to Viewport」をするだけ。簡単です。今回はボタンなのでクリックできるようにマウスポインタを表示しています。

ここで実行すると画面にこんな感じでボタンが表示されます。

f:id:nextdeveloper:20141016182449p:plain

ボタンにアクションを付ける

さて、これで表示はできました。

ここからボタンにアクションを付けたいわけですが、先ほど作成したWidgetブループリントに戻ってボタンを選択し、右の詳細を見ると「イベント」という項目があります。

そこの「AddOnClicked」を押すとブループリントにイベントが追加されアクションを付けられるようになります。

f:id:nextdeveloper:20141016182803p:plain

そしたらアクションを付けて実行してみれば動作するはずです。

f:id:nextdeveloper:20141016182918p:plain

f:id:nextdeveloper:20141016182952p:plain

一連やってみて思ったこと

HUDと比べてみながらGUIの作成ができるのはとても楽だしわかりやすくていい感じです。

画面サイズを変更すると、それに応じてGUIの位置を変更してくれたりなどスマホや様々な画面サイズへの対応ができるようにもできているし、表示非表示も手軽にできているので使い勝手はとても良いと思います。

ただ、ButtonはClickしかなくてDownとReleaseを分けてアクションを付けられなかったりなどあるので今後のアップデートに期待です。

とっても簡単に伝えてきましたが、上の方で紹介した公式のURLではもっとちゃんとした説明があるのでやってみてもらえればと思います。