読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社ネクスト エンジニアBlog

不動産・住宅情報サイト HOME'Sを運営する株式会社ネクストのエンジニアが提供する技術ブログです。エンジニアに役立つ情報の発信や、弊社エンジニアの活動を中心にお届けします。

「 Scrum Masters Night (スクラムマスターズナイト)」に参加してきました

Agile開発

こんにちわ、社内でアジャイル推進をしている非エンジニアな鈴木です。
2014/2/19 第1回「Scrum Masters Night」に参加してきました。

Regional Scrum Gathering Tokyo 2014での出逢い、そして参加への決意

招待講演「失敗体験から学んだスクラムの本質」で知花さんの講演を拝聴し、スクラム導入時のあるあるを共感。そして、講演の最後で告知のあったスクラムマスターの集いがついに行われました。

ただ私は基本的に人見知りなので、参加どうしようと悩んでいました。
第一回目だし雰囲気わからないし、私なんかが参加していいのか?お話しできるかなー?

しかし、他社の方と、しかも現場の方の生々しいお話しが出来る場はなかなかないっ!
しかもタダで! これは頑張らねば私、とひとり参加をしてきました。

ディスカッションのテーマに選ばれる

さすがスクラムマスターの集い、ただ一方的にお話しを聞くのではありません。
自らディスカッションしたいテーマを発表して、投票してテーマに分かれてディスカッションという形式で行われました。

しかも、テーマ発表して選ばれたらファシリテーターをしなければならないという、またまた小心者の私にはドキドキな状態。
しかし、語りたい!
もういっちょ頑張りました私。

そして、数あるテーマの中から発案したテーマが選ばれてしまいました。
・スプリントゴールってどんなのものを設定してる?
他にも、「アジャイルメトリクス」「ざんねんスクラム」「スクラムやって○○できました自慢」などの気になるテーマに後ろ髪を引かれつつ、 自らテーブルに立ちました。
正直どうしようと思っていたんのですが、普段から話し合い・調和ということに慣れている参加者の方たち。
話しが途切れることなく、用意されていた1時間はあっという間に過ぎてしまいました。

スプリントゴールってどんなのものを設定してる?の解

そもそも、このテーマを取り上げて欲しいと思った理由が「スプリントゴール」って何という疑問。
スクラムガイド2013ではデイリースクラムでは「スプリントゴールを達成するために」3つの質問をしましょうと再構成されました。
重要なのかな?ストーリーじゃだめなのかな?
スプリントゴールを設定している方に、どんなゴールを設定しているか教えて欲しいというものでした。

ディスカッションの内容は、

  • みなさんが設定しているスプリントゴールについて
  • そもそもゴールいるのかな?
  • ストーリー(プロダクトバックログアイテム)でいいんじゃない?
  • なんのために必要なの?
  • 毎回変えるの?
  • 誰が決めてる?(プロダクトオーナー?スクラムマスター?開発チーム?)
  • どうやって決めている?
  • スクラムガイドを朗読してみる

などなど。

ディスカッションの中で、明確な解というものは出てきませんでしたが、
スクラムガイド2013には、

スプリントゴールはスプリントの目標セットであり、プロダクトバックログの実装によって実現するものである。
これは開発チームがインクリメントを構築する理由を知る指針となる。スプリントゴールはスプリントプランニングで作成する。
スプリントゴールを設定することで、開発チームがスプリント終了までに実装する機能を柔軟にできる。
選択したプロダクトバックログアイテムは、一貫性のある機能として届けられる。それがスプリントゴールになることもある。
スプリントゴールがあれば、開発チームは一致団結して作業ができる。

とあるように、チームがスプリントで達成したいことを意識合わせするのに必要だなーと思いました。

どんなゴールがよいか、誰が設定するのか、どうやって決めるかは、それこそチームで考えていかなくてはならないことなのだと思いました。

感謝を伝える Just Say Thanks

とても楽しいイベントでした。
このような機会を設けてくださり、しかも懇親会のスポンサーまでしてくださった主催者のみなさま。
ディスカッションで熱く語ってくださった参加者のみなさま。
本当にありがとうございました。

また、3月に開催されるとのことで楽しみにしています。
次回は社内のメンバーと一緒に参加させていただきたいと思います。